コンセプトは“仲間とルーズに過ごす”! 「星野リゾート BEB5 軽井沢」がオープン

星野リゾート BEB5 軽井沢
多彩な宿泊施設を全国に展開する星野リゾートの新業態、「星野リゾート BEB5 軽井沢」が、軽井沢星野エリアに誕生! 気心知れた仲間たちと、普段とはちょっと違う体験ができる新感覚の滞在型ホテルです。

「星野リゾート BEB5 軽井沢」は、“仲間とルーズに過ごすホテル”をコンセプトに、予定を立てずに宿泊してもその場で楽しめる“遊び”を多彩に用意。最大の注目は、24時間使えるパブリックスペースです。中庭、カフェ、ライブラリー、ショップなどで構成され、テーブルやベンチがゆったりと配されたウッドデッキの中庭「TAMARIBA」には、日が暮れると焚き木が燃え始めます。TAMARIBAでは、季節に合わせた軽井沢らしい遊びが随時登場。冬の間は、最高気温すら氷点下になる軽井沢の特徴を生かした「卓上アイスホッケー」で遊べるほか、大きな丸太を丸ごと1本使う豪快なかがり火「スウェディッシュトーチ」で暖をとったりホットワインを楽しんだりとキャンプ気分も味わえます。また、クッションやラグ、ランタンなどを無料で貸し出ししているので、自分たち好みのくつろぎ空間を作ってのんびりと過ごすのもおすすめ。

客室は、「YAGURA Room」、「Twin Room」、「ユニバーサルルーム」の3タイプ。なかでも、「YAGURA Room」は、コンパクトながらも、のびのびくつろげる作りが特徴。1階部分にエキストラベッドにもなる大きなソファ、その頭上に「やぐら寝台」と呼ばれるロフトベッドを設置し、まるで秘密基地のような空間でプライベートな時間が楽しめます。

朝食は、TAMARIBAのどこで食べてもOK。ほんのり甘いフレンチトーストに、チーズのパリパリの羽根がついた「羽根つきフレンチトースト」1200円をはじめ、食べ応えのあるキッシュやアップルパイなども提供しています。徒歩圏内には和食やカジュアルフレンチ、中国家庭料理など個性的な飲食店も多いので、その時の気分で選べるのも魅力です。

近隣には、源泉かけ流しの大きな露天風呂が楽しめる「星野温泉 トンボの湯」や、森の中にあるケラ池が凍ってできる天然のスケートリンクなど、自然豊かな軽井沢星野エリアならではのスポットも盛りだくさん。宿泊者全員が35歳以下であれば1室16000円で利用できるプランも販売中なので、気になる人は早速チェックを。
<DATA>
星野リゾート BEB5 軽井沢

オープン日:2019年2月5日(火)
住所:長野県軽井沢町星野
客室数:全73室
料金:1泊2名1室利用時1名あたり9000円〜、1室18000円〜 ※食事別
アクセス:JR「軽井沢駅」より車で15分、しなの鉄道「中軽井沢駅」より徒歩15分

星野リゾート BEB5 軽井沢
0570-073-022(9:00〜20:00)
https://beb-hotels.com/karuizawa/

  • SHARE
    この記事が気に入ったらシェアしよう!