柴咲コウもメロメロに!動物写真家・岩合光昭の写真展「ねことじいちゃん」

2019年1月11日
柴咲コウ、動物写真家・岩合光昭
落語家の立川志の輔が映画初主演、柴咲コウがヒロインを演じた映画『ねことじいちゃん』が、「ニャンニャンニャン」の2月22日(金)より公開に。それに先立ち、本作で初監督にトライした世界的な動物写真家・岩合光昭による写真展「ねことじいちゃん」が、1月9日(水)から日本橋三越本店で開催中。

映画『ねことじいちゃん』は、2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす70歳の大吉(立川志の輔)のほのぼのとした日常を描いた人間ドラマ。岩合は日本人の作品として初めて「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙を2度飾り、NHKBSプレミアムで放送中の「岩合光昭の世界ネコ歩き」でもおなじみの動物写真家だ。

1月8日に行われた写真展のレセプションには、岩合監督、柴咲、劇中でタマを演じたネコのベーコンが登壇。最初にベーコンがくす玉を割ることになったが、なかなかくす玉のヒモを引っ張ろうとせず、柴咲たちをハラハラさせる一幕も。岩合監督は「ベーコンは本来もっとすばらしい役者ですが、ギャラリーが大勢いらっしゃったので、硬くなっていたようです。ちょっと緊張したんじゃないですかね」と柴咲と顔を見合わせ、ベーコンを笑顔でフォロー。

ネコ好きで自身もネコを飼っている柴咲は、本作のオファーを快諾したのだとか。「小さい頃から猫が好きで、“ねこ”という字がタイトルに入っていて、何よりも岩合さんが初監督する作品は二度とないので、二つ返事で受けさせていただきました」とのコメント。さらに映画については、「どんなカットにも猫がいる作品って、今までにないですよね。猫も伸び伸び過ごしているし、猫の日常が描かれているので、素敵な映画になったんじゃないかと思います」と見どころを語った。

ギャラリーでは、岩合が映画の撮影と併行して撮り下ろした写真約160点を展示。どの写真も岩合監督ならではの、無防備で愛嬌たっぷりの自然体なネコの表情が切り取られている。

ねことじいちゃん
監督/岩合光昭
原作/ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊)

出演/立川志の輔、柴咲コウ
小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之ほか
2019年2月22日(金)より全国ロードショー
http://nekojii-movie.com/

岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」
開催期間/2019年1月21日(日)まで その後、全国各地で順次開催予定
開催場所
日本橋三越本店

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/event_calendar/nekojii.html

  • SHARE
    この記事が気に入ったらシェアしよう!