ティム・バートンが息を吹き返す実写版『ダンボ』、コリン・ファレルと西島秀俊のタッグに感激!

『ダンボ』西島秀俊、コリン・ファレル、ティム・バートン監督
『ダンボ』西島秀俊、コリン・ファレル、ティム・バートン監督
「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズなどの鬼才ティム・バートン監督が、ディズニーの名作アニメを実写映画化した『ダンボ』のジャパンプレミアが、3月14日に山野ホールで開催。来日したティム・バートン監督や主演のコリン・ファレル、日本語吹替場版声優を務めた西島秀俊がステージに登壇した。

『ダンボ』では、大きすぎる耳を翼に変えて空を飛ぶ子象ダンボが、サーカス団の仲間と共に、金儲けを企む興行師によって引き離された母象の救出に挑む。コリンは主人公のホルトを、西島はホルトの日本語吹替場版声優を演じた。

最初に映画に合わせ、サーカス団のパフォーマンスが披露され、その後、ゲスト陣が登壇。ティム・バートン監督は「僕はダンボが大好きだ。ダンボは純粋で、大切な感情を表現できる」とダンボというキャラクターへの思い入れを口にした。

ティム・バートン監督と初タッグを組んだコリン・ファレルは「最悪だったよ。こんなにエネルギッシュな方と6か月も撮影すると、疲れちゃうよね」と、ジョークを飛ばしつつ「ぼくはずっと監督のファンだった。他の作品を含め、僕をファンタジーの世界にいざなってくれた。本作は、人と違うところを大切にして祝福するというメッセージが込められている」と笑顔を見せた。

西島も「僕自身もティム・バートン監督の大ファンだったので、こんなお話をいただけて非常に光栄に思っています」と大喜び。

さらに西島は「ティム・バートン監督作の登場人物は、個性が強くて、どこか周りから浮いてしまう瞬間がある。でも、その個性で周りの人たちを幸せにしていくというテーマがあります。僕自身も勇気づけられたし、皆さんも勇気づけられて、自分らしく生きていこうと感じられるのではないかと」と本作のメッセージについても語った。春は名作に新たな風を吹き込むティム・バートン監督のファンタジー・アドベンチャーへ!

『ダンボ』
監督:ティム・バートン
出演:コリン・ファレル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートンほか
2019年3月29日(金)より全国ロードショー
https://www.disney.co.jp/movie/dumbo.html
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

  • SHARE
    この記事が気に入ったらシェアしよう!