斎藤工の料理シーンも見どころ! シンガポールで食と家族のルーツをたどる『家族のレシピ』

『家族のレシピ』斎藤工、松田聖子
『家族のレシピ』斎藤工、松田聖子
斎藤工と松田聖子の共演が話題となっている『家族のレシピ』が3月9日(土)より公開される。本作は、日本のラーメンと、シンガポールのバクテーという二国のソウルフードをモチーフに、家族の絆を描く感動作だが、全編に散りばめられた料理のシーンは、見ているだけで食欲をそそる。

斎藤が扮する主人公・真人は、日本人の父とシンガポール人の母との間に産まれたハーフで、実家のラーメン屋で働いている。ある日、急死した父の遺品の中に、20年前に亡くなった母の日記を見つけ、両親の足跡をたどるべく、シンガポールへ渡る。そこで、現地在住の日本人フードブロガーの協力を得て、叔父や祖母と出会い、自分自身のルーツを知ることに。

冒頭からいきなりラーメンを盛り付ける俯瞰の映像が登場。そこから美味しそうにラーメンをすする音が流れ、思わずゴクリ。その後、さまざまな調理シーンが連打されていくので、空腹時は要注意だ。また、シンガポール料理のウンチクも展開されるので興味津々。

どんな役柄にも全力投球する斎藤だが、本作の真人役では、料理に懸ける情熱を果敢に発揮。松田聖子は、真人にシンガポールを案内するフードブロガー役で、透明感溢れる存在感を見せ、作品に華を添えている。

ただのグルメ系ドラマではなく、料理が家族の愛を紡いでいく本作。真人は、自分が知らなかった両国の痛ましい歴史を知って葛藤するが、そこで折れずに、亡き両親の想いを融合させたメニューを手掛けようとするところがいい。監督はシンガポール映画界の第一人者、エリック・クー。観終わったあと、美味しいものを大切な人と味わいたくなる珠玉の1作、週末デートにもぴったりなはず。

『家族のレシピ』
監督:エリック・クー
出演:斎藤工、マーク・リー、ジネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子ほか
2019年3月9日(土)より全国ロードショー
https://www.ramenteh.com/
©Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

  • SHARE
    この記事が気に入ったらシェアしよう!