ヘルシーな“日本茶”のデリやカクテルが楽しめる! 「DELI&BAR 1899 TOKYO」が誕生

1899デリイメージ
「日本茶」をテーマとしたレストラン&デリカテッセン「DELI&BAR(デリ&バル)1899 TOKYO」が、新橋・虎ノ門にオープン! 抹茶やほうじ茶を使った和洋の惣菜をはじめ、お茶スイーツや抹茶ビールなどさまざまなお茶メニューが注目です。

昨年12月オープンの“お茶”をコンセプトとしたブティックホテル、ホテル1899東京。その1階に新たに誕生した「DELI&BAR 1899 TOKYO」では、“ヘルシーで美味しいものを、あれこれ、少しずつ楽しめる、お食事どころ”をコンセプトに、日本茶を使った日替わりのお茶料理と、栄養バランスを考えた野菜中心の和洋の惣菜10種以上を、1品120円~とリーズナブルに楽しめます。

お茶ソーセージと彩り野菜のグリルや茶粥、お濃茶ジェラートなど、メイン料理からスイーツまで揃うオリジナルのお茶料理はどれも彩り豊か。単品でのオーダーはもちろん、11種のデリメニューから1汁4菜が選べるセット980円も昼夜とも提供。また、料理は全て、テイクアウトOKのデリメニューとしても購入できるので、ホームパーティの手土産やピクニックなどにもおすすめ。

また夜には、抹茶を独自ブレンドした真緑の見た目がインパクトある抹茶ビールをはじめ、抹茶モヒートや玉露マティーニなど“お茶カクテル”も充実。ノンアルコール派には、抹茶モヒート風のティーライムや、ノンアル抹茶ビールも。肝心の日本茶メニューは、香り高い玉露や深蒸し煎茶、優しい味わいの国産紅茶“和紅茶”など全10種。専属の日本茶のプロ・茶バリエと茶農園の共同開発で生み出した、ほうじ茶と麦茶を独自ブレンドした江戸番茶や、全国から厳選した6種をブレンドした強めの甘みが特徴の深蒸し煎茶など、1899オリジナルのお茶が堪能できるのが嬉しい。

ホテル1899東京と同様、世界的な建築デザイン会社、ゲンスラー・アンド・アソシエイツ・インターナショナル・リミテッドが、「現代的に解釈された茶屋体験」をコンセプトに手掛けた空間も魅力のひとつ。茶屋の和傘をデザインした照明や、伝統的な茶箱を取り入れた木目調の空間には、柔らかな光が差し込み居心地も抜群! 昼夜問わず女性がひとりでも食事が楽しめる新スポットを見逃さないで。
<DATA>
DELI&BAR 1899 TOKYO

オープン日:2019年1月16日(水)
営業時間:11:30~14:00(13:30LO) 15:00~22:00(21:30LO)
定休日:土・日・祝
住所:東京都港区新橋6-4-1(ホテル1899東京1F)
アクセス:JRほか「新橋駅」より徒歩9分

DELI&BAR 1899 TOKYO
03-3432-1890
http://1899.jp/hotels/tokyo/deli-bar/

  • SHARE
    この記事が気に入ったらシェアしよう!