ヒュー・ジャックマン、実在の政治家を演じた主演映画『フロントランナー』で来日!

ヒュー・ジャックマン来日
ヒュー・ジャックマン
『グレイテスト・ショーマン』(2018年公開)の大ヒットも記憶に新しいヒュー・ジャックマンが、主演映画最新作『フロントランナー』を引っさげて来日。1月21日に日本記者クラブで開催された来日記者会見に登壇した。

本作でヒューが演じたのは、ジョン・F・ケネディの再来とされ、アメリカ大統領選挙で当選確実とされていた政治家ゲイリー・ハート役。ところが選挙前のあるスキャンダルの報道により、政界を失脚されてしまう。

メガホンをとったのは、『マイレージ、マイライフ』(09)ジェイソン・ライトマン監督で、ヒューは「以前から一緒に仕事をしたいと願っていた、とても素晴らしい才能をもった監督だ」と手放しで彼を称える。

また、本作のストーリーにもとても惹かれたそうだ。「本作は、大統領になるとされていた男が政界から転落する3週間を描くストーリー。ぜひチャレンジしたいと思った。それに僕は大学時代に選考していたのが、ジャーナリズムなんだ。もし、俳優になっていなかったら、みなさんのように記者席にいたかもしれない」と、自身のキャリアについても語った。

ゲイリー・ハートについては「当時も今も理想主義者。若い人をインスパイアさせるものを持ち合わせた人」と惨事を惜しまない。「JFKの再来と言われ、確かに政治家として10年先を見こしていた人だ。たとえばスティーブ・ジョブズとガレージでランチを取りながら『これからはコンピュータの時代になる』といった話をしたりしていたそうだ」

政治とスキャンダルをいろんな角度から描き、群像劇としても見応えのある本作。ヒューは「観たあとで必ずいろんな議論が生まれる映画だと思う」と力強くアピール。彼の硬派な演技も見どころのはず!

『フロントランナー』
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:ヒュー・ジャックマン、ヴェラ・ファーミガ、J.K.シモンズ、アルフレッド・モリーナほか
2月1日(金)、全国ロードショー!
http://www.frontrunner-movie.jp
©2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

  • SHARE
    この記事が気に入ったらシェアしよう!